048-452-7700
048-466-8066
婦人科電話番号

医師、スタッフともに女性が担当。
診療室・待合室は女性専用フロアとなっております。

外来

子宮頸がん予防ワクチン

HPV16型・18型予防ワクチン

何のことかわからない人が多いと思います。また、重大な副反応がでる恐いワクチンと思っている人も多いと思います。癌の中にはどうして起こるのか解明されつつある癌もあるのです。
その内、子宮頸癌は、実は人の皮膚にイボをつくるありふれたウィルスであるヒトパピローマウィルス(HPV)のある種の型が、持続的に感染し、正常だった細胞が、変化したとは気づかれない程ゆっくりと変化し、可逆性だった変化が、不可逆性になり、ある時悪性になることが、原因なのです。 感染経路は性交渉で、感染はしやすいのですが、ほとんどは免疫力でウィルスは排除され、持続的な感染は起こりにくいのですが、ごく一部の人に持続感染が起こり、子宮の入り口の細胞を徐々に悪性に変化させていきます。
HPVの感染がなければこの変化は起きないのです。
 HPVワクチンは、いくつかある悪性化を引き起こすウィルスの型のうちの、2つの型のウィルス感染を予防するワクチンです。全ての型のウィルス用ではないので、日本人の場合は、効果は60~70%と見積もられています。ワクチンによる免疫が何年有効なのか、世界的にワクチン接種が始まってまだ数年ですが、徐々に有効であるというデータが出てきています。
 HPVワクチンが最も有効な対象は初交前の女性(つまり処女)です。思春期前半の少女に、処女かどうかなどという質問はできませんから、適当に年齢で区切って実施されます。
予防接種は保険がききませんから任意で、自費でとなりますが、定期接種の対象者(中学1年生〜高校1年生)には国から補助が出ます。接種は3回必要です。
 思春期前半の少女に誰がその必要性を説明するのでしょうか。小児のポリオやBCGや麻疹の予防接種と同じ扱いなら、親がその必要性を認めて、任意に受けさせるようになるのでしょう。12歳の少女のお母さんは40歳代でしょうか。つまりHPVワクチンの普及には、40歳代のお母さんに子宮頸癌の発生原因、ワクチンの副反応の頻度について、よく理解してもらうことが必要だということです。  

子宮頸がん予防に必要なワクチン

予防接種で防げたはずの病気になるのは健康に関する知識の格差

日本の保険制度では、病気になってしまった人の治療にはお金がでますが、予防には出ない為、
ワクチン接種は割高に感じると思いますが、ここで時間とお金をかけることが、後の時間とお金
の大幅な節約になります。

“2価ワクチンである事を忘れずに、
その他のHPV感染については、子宮頸癌検診が予防策です。”

当科で接種できます。完全予約制です。

当科の対象者は、14歳以上です。
接種は原則3回です。2回目は、1回目から1か月後、3回目は半年後です。
この間に妊娠は避けてください。妊娠した場合は、3回目は分娩後に接種して下さい。
HPVワクチン接種終了者も20歳を超えたら、子宮がん検診を受けて下さい。

・国の定期接種の対象者は中学1年生~高校1年生です。
・16歳以上で希望される方は自費となります。

HPV16型・18型予防ワクチン予診票
クリックして予診票を見る ▶

子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために
日本産科婦人科学会 www.jsog.or.jp>module>jsogpollicy

TMGサテライトクリニック朝霞台 PCR検査
TMGサテライトクリニック朝霞台 PCR検査
TMGサテライトクリニック朝霞台 PCR検査
TMGサテライトクリニック朝霞台 予約システム
Access

〒351-0021
埼玉県朝霞市西弁財1-8-21

TMGの地域公開講座
TMGの診療検索