048-452-7700
048-466-8066

クリニック概要

設備紹介

一般撮影

一般的にレントゲン撮影(X線撮影)と呼ばれる検査で、体にX線を照射し、体を通り抜けたX線を画像にする検査です。
フラットパネルを搭載した撮影装置により、胸部、腹部、全身骨等の撮影を行っています。CTのような高度画像診断機器と比較すると、その情報量は劣ることもありますが、一般撮影だけで診断が可能な病気も多くあり、簡単でかつ早く画像が提供できるので最初の診断に用いられます。

X-P室

CT撮影

CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)とは、X線を利用して身体の内部(断面)を画像化する検査です。
さらに、この画像をコンピュータで処理することにより、いろいろな方向からの断層画像や3次元画像を得ることができます。
当クリニックでは64列マルチスライスCT を使用し、広範囲を連続して高速に撮影でき、被ばく低減や検査時間の短縮化により、患者さんの負担を軽減します。

CT室
CT写真
CT写真

マンモグラフィ撮影

乳房の撮影を行います。乳腺の構造や石灰化、
腫瘤の有無などをみることができます。
女性スタッフが撮影を行っているため、
安心して検査をお受けいただけます。

マンモグラフィー検査

骨密度測定

DXA法を用いて骨内のカルシウムの量などを測り、
骨の強度を調べる検査です。骨密度が低下すると
骨粗しょう症になり骨折しやすくなってしまいます。
そのため、定期的な測定が重要です。

骨密度測定

X線透視撮影

2台のX線透視装置があり、主に上部消化管の造影検査(胃のバリウム検査)を行っています。バリウムを使用し粘膜の様子を見ることで、早期の疾患を見つけることができます。
 フラットパネルを搭載した装置を導入しており、高精細画像が得られ、リアルタイムに動画や静止画で観察する事が可能なほか、被ばく線量が低減できます。そのため、検査を円滑に行え、かつ診断に有用な画像を提供することが可能です。

X線透視装置
TMGサテライトクリニック朝霞台 予約システム
Access

〒351-0021
埼玉県朝霞市西弁財1-8-21

TMGの地域公開講座
TMGの診療検索